太陽光を浴びることで陽焼けが起きるシステム

長い期間、太陽光をうけていると日に焼けてしまうのは、多くの人が理解しているんです。日焼けする元になる太陽光というものは、いったいどんなものなのか。

紫外線光は、太陽光の1種類で、種類をA波紫外線、B波紫外線・C波に分ける事が可能です。硝子の様な透明な物体では、紫外線A波というものを防ぐことは難しく、皮ふへ達するのです。ガラスごしに陽光を受けていた際や、車で外出をする際にも、紫外線A波というのは通り抜けるので色焼けしてしまいます。

一方で、UVb波というものはオゾン層で遮断出来る為、雲が多い日や、雨降りの日減ってしまうのです。天気によって照射している量が変わる太陽光量とは、此のUVB波です。

紫外線c波が日焼けすることに関わることはありません。その訳は、紫外線光C波はオゾン層を通過しない為なんです。

A波に関しては、ガラスを通り抜けることが可能である為、お肌の奥にある真皮に達するのですが、有害度合でいうならB波程度じゃないと言われています。

皮ふの日焼けしちゃう事を考えるとしたら、室内でもUVを浴びてしまう為、常に対策法をとる必要性のある紫外線なのです。皮ふの色が小麦色になることが、肌焼けの効果ではじゃないのです。シミや肌のくすみが増えて、たるみや肌老化の元にもなるものです。

太陽光で色焼けをするのは、皮膚を守る為にメラニンを上昇させる、言ってみれば防御策です。こんがり焼けている肌は元気そうな印象を人にあたえるのですが、美容の観点で考えていると肌にとっては良い事ではない訳ですから、日焼け対処法がだいじです。